選り抜きの内科医・外科医の転職情報

内科医、外科医で転職をお考えのお医者様へ向けた情報サイト
選り抜きの内科医・外科医の転職情報

内科医の年収・給与は?

お医者様の収入は勤務医か開業医なのか、また、担当する科目によっても少なからず変わってくるのですが、一般的には内科医に限らず、お医者様の給料は勤務医の場合であればおおよそ年収1,200万~1,500万程度だと言われています。 もちろん開業医の方が年収は格段に上がってくるとされますが、開業となれば必要な経費も大きくなってきますよね。 そのため、どうしても個人差が激しくなり、給与に関しては判断することがとても難しくなります。 ですので、今回は開業医ではなく、あくまでも勤務医に限った話だけを簡単に紹介させていただきます。



勤務している病院の体系によって変わる給与

まず、20代のお医者様はキャリアもまだ浅く勤務したてであることから給与はどうしても低くなりがちです。 しかし、30代を過ぎた頃からから急にあがってくるケースが目立ちます。ただ、こういったケースに関しても勤務している病院の体系によって大きく変わって来ると言われています。 というのも、そもそも待遇は病院によって様々なのですが、どうしても国立より私立病院の方が給料が高くなるといったことが起きてくるのです。



大切なのは適切なキャリアアップ

また、あまり給料が高くないとよく言われている大学病院等に勤務していると、30代後半を過ぎても年の収入が1千万を越えないことも少なくないようです。 医者になったからといって高い収入を保ち続けられるとは限らず、適切なキャリアアップを進めていく必要性を感じますね。

内科医の皆様には、こちらの書籍もおすすめです。